You TubeとVimeoの違い

お役立ち情報

みなさんは動画を作成したらどのプラットフォームに動画をアップしていますか?普段から特に気にせずにYou Tubeにアップしているという方も多いでしょうが、Vimeo(ヴィメオ)についてはあまり詳しく知らないという方が多いかと思います。
そこで今回はYou TubeとVimeoの違いや、メリットデメリットなどを簡単に解説していこうかと思います。
VimeoはYou Tubeと同様に世界中に動画を共有することができるプラットフォームです。クリエイターの間では広く知られていますが、一般的には日本ではまだ知らないという方も多く存在しています。なぜなら一般的な方が動画を投稿する目的の多くは広くコンテンツをたくさんの人に見てもらいたい、You tuberのように広告収入を得たいといった目的が多く、そのためYou Tubeを利用しているという実態が多いのではないでしょうか。
しかしVimeoにしか無いメリットももちろん存在しますので、どちらにアップするのがふさわしいか等、理解した上で適切なプラットフォームに動画をアップすることをお勧めします。

それぞれのプラットフォームの特徴

両社の違い01_無料?有料?

まずは両社のプラットフォームの費用に関してです。You Tubeはみなさんご存じの通り無料の動画共有プラットフォームです。一方でVimeoはいくつかのプランが用意されており、Basicプランは無料で使用可能ですが、週に500MB、総容量アカウントは 5GBという制限があるため、You Tuberのように毎日投稿というようなスタイルの方向けではないことがわかります。
よってクリエイターはほぼ有料プランに加入して使用しているかと思います。またBasicプランの他にPlus・Pro・Business・Premiumといったプランが用意されていてご自分の環境に合わせて選ぶことができます。
プラン一覧はこちら

両社の違い02_広告・収入

両社の大きな違いの一つに広告の有無があります。動画広告は現代においては積極的に活用したいツールの一つであり、その目的のためにYou Tubeを活用するということがあります。一方でVimeoでは動画広告がつかないプラットフォームのために、企業のサービスなどの広告コンテンツを配信するのには向かないプラットフォームとなっています。
そもそもVimeoの規約で、商用利用のコンテンツをアップする際には適切なプランに加入する必要があり、原則的には個人が作成したオリジナルコンテンツに限るといった強いポリシー(規約)を明示しています。
また動画広告がある故、You TubeではYou Tuberという職種が誕生し、動画配信で収入を得られますが、Vimeoでは動画配信で収入を得ることはできません。変わりにクオリティの高いコンテンツを販売することが可能となっております。
詳細はこちら

両社の違い03_クオリティの違い

Vimeoを見たことがある人なら大半が感じること。それはVimeoには圧倒的にクオリティが高いコンテンツが多いということです。なぜかというと上記にも少し記載しましたが、Vimeoにはアップロードに関していくつかの規約を設けているからです。 (Vimeoのアップロードガイドラインはこちら)そのため、You Tubeなどのようにゲーム実況やテレビ・映画の転載といったコンテンツがないことで、全体的にハイクオリティなコンテンツが集まる場所として維持できているわけなのです。
またアップロードするコンテンツの画質の違いも大きな違いがあります。You TubeよりもVimeoの方が低圧縮・高ビットレートでアップできるため、良い作品をより良い状態で視聴してもらいたいクリエイターはVimeoを選ぶことが多くあります。

両社の違い04_検索性・SEO

これは圧倒的にYou Tubeのコンテンツに軍配が上がるかと思います。さすがはGoogleといった感じで、今やYou Tubeコンテンツの検索性は言うまでもないほどです。何か商品を買いたい、サービスを利用したい、〇〇を訪れたいなど様々なシチュエーションで動画が検索されています。
このことから、You Tubeは動画広告的ニュアンスの作品が多く、Vimeoはアーティスティックな作品が多いということが一層感じられると思います。

両社の違い05_公開設定(プライバシー設定)

You Tubeでは動画をアップする歳に、「公開」「限定公開」「非公開」の3種類から選ぶことが可能です。一方Vimeoはというと、全員に公開という部分に関しては一緒ですが、限定公開に関してはYou Tubeよりも様々な設定をすることが可能です。
例えばコンテンツにパスワードをつけることも可能ですし、特定のドメイン内でした視聴できないような設定をすることが可能です。このサロンでもそうですが、会員にしか見れないような設定が可能になるということです。

まとめ

いかがでしょうか?ざっくりとですが、You TubeとVimeoの違いがおわかりになりましたでしょうか?どちらのプラットフォームにも明確なメリットデメリットが存在しています。動画をアップする際はそれぞれのシチュエーションに合わせて適切なプラットフォームでアップするようにしてみましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。