映像編集スキルをあげるためのお勧めの練習方法の1つ

Learn

映像制作といっても昨今はその認識が大変幅広いカテゴリーに分類されるようになりました。
これまでのテレビや映画といった大きなカテゴリーに加えて、オンライン上のコンテンツというもう一つの巨大なカテゴリーが誕生しました。そしてこのオンライン上のコンテンツには企業のサービスや商品の紹介などといった広告関連に加えて、You tuberなどが作成するそれぞれの独自のコンテンツなどがあります。
今回のこの記事は主に自分のyou tubeコンテンツを作っている人向けではなく、クライアントから依頼を受けて広告などを作成しているクリエイター(主に初心者)向けに発信している記事になります。

You tubeクリエイターとクライアントワーククリエイターの大きな違い

最近ではよくSNS上で「かっこいい動画の作り方」や「制作単価の考え方」などといった、どういった制作者に向けたアドバイスなのかわからないポストをよく見かけることがあります。これはシンプルに映像制作者が増えたんだろうなってことなんでしょうけど、冒頭に記載した通り、you tuberも映像制作者であり、広告関連などのクライアントワークをするクリエイターも映像制作者であることに違いはありません。しかしこの2者向けに同じアドバイスができるかといえば、全くもってそうではありません。
もし仮に広告関連のクライアントワークをしているクリエイターが「かっこいい動画が作れれば稼げる」なんて思っていたら、その方は映像制作以外の部分を一から勉強しなおさなければいけないでしょう…。しかし自分用のyou tubeコンテンツを作成している映像制作者であれば、すでに作成するコンテンツ内容も決まっているでしょうし、トンマナもある程度過去のものと統一することがほとんどです。
つまりこの2者の大きな違いというのは、自分のためのコンテンツなのか、他人(他社)のためのコンテンツなのかということが一番の違いになってくるわけです。さらにいうと他人(他社)のコンテンツというのは、何も一つではありません。受注するクライアントの業種や業界などによって内容は無数に存在しますし、ターゲットが男性なのか女性なのかなどでさえ、制作物は大きく様変わりします。
これらがこの2者の映像クリエイターの大きな違いです。
(もちろんYou Tube編集代行クリエイターは他社の為のコンテンツ制作ですね)

映像スキルをあげるおすすめの練習方法

これを踏まえた上でいよいよこの記事の本題です。
映像スキルをあげるためのお勧め練習方法。それはもちろんたくさんありますが、今回お話したいのは、
「表現方法を多数身につける」
ということです。
先ほど上でお話したように、自分のyou tubeなどを作成するクリエイターであれば、ある程度コンテンツ全体でトンマナを図っていることが多いので、新たな表現手法などをそこまで多く取り入れる機会というのは少ないかと思います。
しかしクライアントワークを主としている映像クリエイターは、関わるクライアントの職種や業界、ターゲットの性別や年齢など、様々な指標を基に相応しい表現を探っていく必要があります。例えば、自分はこの雰囲気でしか映像制作ができません、と言ってクライアントワークに挑んでしまっては、果たしてそれが適切に問題解決のための映像コンテンツとして成りえているのかと評価されてしまうかもしれません。そうなれば結果が伴わずクライアントからのリピート受注といったことも難しくなるでしょう。
もし仮にクライアントから

「来年のイベントでは30代の丸の内に住んでいるようなOL層の客層を去年よりも多く呼ぶことができるようなダイジェスト映像を作ってほしい」

と依頼されたとしましょう。
こんなに明確に指示をくれるとっても素敵なクライアントに対して、自分はそれをどうしたらいいのかわからない。自分はいつもyou tubeでこういうのしか作っていないからわからないではお仕事が成立しませんよね。
「OLさんかー…。いつもシネマライクな動画しかやってないからなー…。」というのと、
「あっ、前にOLさんが好きそうな質感の表現やカラー、ポップなモーショングラフィックスで作ったことがあるぞ。」という2者とでは、クライアントさんとのお話の進み具合は雲泥の差が出ていることは明確でしょう。

では具体的にどうすればいいのでしょうか?

答えはいたってシンプルです。
それは普段から何かを自主制作する際に常にターゲットを変えてみるということです。

たったのこれだけです。ただこれだけのことが非常に難しかったりするんですけどね。
そしてそれを自分のSNSで公開してみましょう。そこで返ってくるリアクションで意図した人から反応があるかどうかを見てみるんです。例えば女性に反応してもらいたい動画を作成してSNSでアップ。その後自分のフォロワーでどういった人からのイイネやコメントがあるかを見るだけで、その動画が狙った人に届いたかどうかをテストすることができます。
また、みなさんはポートフォリオなどを作成すると思うのですが、作成したコンテンツを見返してみると、割と似たような雰囲気のものが多くなっていませんか?
このポートフォリオをもっと多様化してみましょう。
例えば最近よく耳にする「シネマライク」な動画。もし仮にこういった質感のものばっかり作成しているようだったら、
もっと女性っぽいポップで明るいアップテンポな表現で動画を作ってみよう。
もっとシリアスでちょっと怖いかもって思うようなホラーチックな動画を作ってみよう。
もっと感動的で泣いてしまうような動画を作ってみよう。
モノクロで動画を作ってみよう。
モーショングラフィックスをたくさん活用した動画を作ってみよう。

などなど、好き嫌いは別として、このようにいろんなジャンルに取り組んでみることをおすすめします。
このような色んな幅の表現に取り組んで、自分のSNSで共有してリーチ具合を測定する。これを繰り替えすことによって、他業種の様々な依頼に臆することなく新たな提案をするということが徐々にできるようになってくるんですね。
ちなみに筆者が先月に取り組んだクライアントワークの内容はざっと下記のようなものがあります。

  • 建設業の会社紹介
  • 投資系企業の各コンサルタントの紹介映像
  • とある自治体と海外企業のコラボインバウンド観光紹介映像
  • オンライン学習サービスの授業動画
  • 女性アーティストのエモーショナルなMV
  • 女性向け美容健康系企業のサプリメントのCM

など一部ですが、ざっくりこういったコンテンツがあります。
見てわかる通り、投資系といった少しギラギラしたような表現から建設系の男臭さを少しアピールした映像、そして美をテーマにした綺麗な女性を撮るコンテンツ、そして感動系MVとその表現の数の幅広さが見ていただけると思います。
上記はお仕事ですが、同時にプライベート(遊び)ではこんな感じで大きくテイストを変えて作品を作りました。

表現の数だけ自信につながる

いかがでしょうか?このようにクライアントワークを主としている方は映像表現の幅を増やすことが映像編集のスキル上達に役立つということをお話させていただきました。
もちろん「表現の幅を増やす」というのはスキルアップの一個の例にすぎず、上達するために考えるべきことは他にもたくさんあります。しかし表現の幅を多く持っているということは、それだけ異業種の方からの依頼に応えれる可能性があるということです。
この経験をどんどん増やしていけば自然とクリエイターとしての自信も増えていくかと思いますので、ぜひ時間があるときに、自主制作でこれまでにやったことのない作品を作ってみてはいかがでしょうか?

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。