【雑誌掲載】 一眼&ジンバルスピードマスター

Blog

玄光舎から新たに出版された、
一眼&ジンバル スピードマスター」というMook本に記事を寄稿させていただきました

総勢15名の有名クリエイターが寄稿

いや、もうただただ恐れ多いです…。 あちこちでよく聞く名前のビデオグラファーさんだったり、有名なYou Tubeクリエイターだったりと、たくさんの凄い方が今回ジンバルについて語っておられる中で、私も書かせていただいているわけなんです。

しかも他の人より多い、計12ページも担当しちゃったという…。

この一冊を読めばジンバル撮影について相当強くなれること間違いなし!

内容はというと、最新のジンバルレビューから、ジンバルの基礎知識、ジンバル撮影の実践トレーニングや奥義、プロの現場運用の紹介などなどめちゃくちゃ盛りだくさんなんです!
あんまりこういう撮影に関してのMook本って少ない気がするので、ジンバル撮影がうまくなりたいという方は必見の一冊だと思います!

今回私が担当した記事内容は…

題して、「さらに深く理解するためのジンバル撮影の奥義」です!
いや、奥義とか自分で言っちゃってる感じですけど、これ題したのは出版社さんですからね(汗)自分で奥義とか言えないから…。
まあでも出版担当者さんから奥義と題していただいたわけなので、たぶんよっぽどマニアックな内容だったんだろうと察します…。
軽く内容を触れておくと、今世の中にジンバルショットってすごくありふれてて、それがなんとなく滑らかな動画を撮ればいいんじゃない的な…、そのショットに意味はあるのかな?と感じることが多くてですね、どういう時にジンバルを使うと良いのか、どう撮りたいからジンバルを使えばいいのか、なんていった内容を書きました。
「ジンバル=滑らかに撮れる」という定義は確かに合っていると思いますけど、それ以上に
「ジンバル=〇〇」という良りよい考え方があると思っております。
ちなみに私の記事はYou tubeと連動させているので、ネタバレにはなってしまいますが、公開されている動画なのでリンク貼っておきますね!

実はその他にも…

いや、ほんと恐縮なのですが、上の「奥義」の記事の他に機材レビューもさせていただきました。
私が担当したのは、ついに国産でLibecから新たに誕生するTH-G3というジンバルです。
ちなみにこれは2020年1月に発売される予定のジンバルとなっております。
そのほかには昔からあるOsmo pocketなんかもちょろっと書いてます。
とまあこんな感じで、なんと計12ページ!!
ほんとこんな素敵な機会をいただいて、玄光舎様ありがとうございます!!
購入はAmazonから買えますので、ぜひジンバル撮影上手くなりたい方はチェックしてみてください!!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。